スナップアップ投資顧問の昭和民俗文化史の資料など参照

スナップアップ投資顧問の昭和民俗文化史の資料などによると、漫画「あしたのジョー」の力石徹の告別式には全国から700人ものファンが集まった。電話、手紙も殺到した。香典を送ってきたファンもいた。

週刊誌や新聞がは「漫画の登場人物のお葬式」とニュースで取り上げた。その後、「よど号」のハイジャッカーが「我々はあしたのジョーである」と言い残し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)へ亡命した。「ジョー」は子供向け漫画という枠から抜け出し、世相を映す若者文化の一部になっていった。

「少年マガジン」編集者の宮原照夫氏

あしたのジョーは、梶原一騎とちばてつやの作品だ。2人を起用し、作品に時代感覚を盛り込んだ編集者も有名だ。名前は宮原照夫氏だ。講談社の社員だった。「少年マガジン」副編集長としてジョーの産みの親となった。

「巨人の星」

1966年(昭和41年)、「巨人の星」が好調な滑り出しを見せ、「マガジン」の部数は伸びた。それでも宮原氏は飽き足らなかった。「もっと社会性のある、リアルな漫画が欲しい」。こんな思いに駆られていたからだ。

ボクシング

1966年暮れ、梶原の何気ない言葉に宮原氏の眼前は開けた。梶原氏はピストン堀口の評伝記事を手に「ボクシングは減量との闘い。これに勝つか負けるかで、リング上の勝負は決まるんだ」と話した。宮原は「1970年代は、明日、どうなるか分からない生存競争の時代。相手と殴り合うボクシングがマッチする」と思いついた。

講談社

そんな宮原氏にも、自分の仕事に疑問を持つ時期があった。「漫画なんて男子一生の仕事じゃない」。講談社に入社してすぐ、思い余って社の幹部に「私は誇りを持って、自分の子供に自分の雑誌を読めと言えない」と突っかかった。退社覚悟だった。すると、その幹部は「その感覚こそ雑誌づくりに大事なんだ。頑張れ」と、逆に宮原氏を励ました。

目からうろこが落ちた。 その言葉を胸に、宮原氏は社会に向けてメッセージを放つ漫画を模索してきた。そして「時代に衝撃を与える」をキーワードに、生まれたのが「ジョー」だった。